さいころの目の出方は6分の1ではない

Share on Facebook
Share on LinkedIn

ふつうのサイコロ。
どの目もでる確率は、6分の1だと思うでしょう。

ところが、どっこい。確かめてみると微妙に違うらしいですよ。

【質問】

それは、どうしてだと思います?

サイコロ

【解答】

おもちゃ屋さんや、100円ショップで普通に売っているサイコロは、厳密に重心が設計されていない。

1の目よりも6の目の方が、削り取られている部分が多い。

ということは、1の面の方が重い。だから、出にくいのは「1」なんです。

もちろん、ギャンブル用のは、しっかり設計されているようですが。

 

【展開例】

ポストイットも実は、工夫されている。

糊のついている面は、他の面よりも紙をうすくすく。

そこに糊がつくのでセットしたときに、ちょうどよい高さになる。

お客様(消費者)に気づかせないところで、提供者の工夫があるんですね。