ディズニーと魚屋さん

Share on Facebook
Share on LinkedIn

ウォルト・ディズニー・カンパニー元CEO マイケル・アイズナーの言葉。

「一流でなければならない」

アイズナーは、高校生の時、校長先生から、この言葉を受け取ります。
「サッカーの校内対抗試合をするにせよ、チーズバーガーをつくるにせよ、芝生を刈るにせよ、いいかげんにするな。やるからには、一流たれ」と。以来、かれの人生観の一つになったと言います。それが、ディズニーの経営に生きている。

 fish

この話を聞いて、シアトルにある「パイク プレイス マーケット」、スゴイ魚屋さんの実話を思い出しました。
この魚屋さんは、「フィッシュ」という教材ビデオや本になっていますが、ここでは、働いている人が全員「世界に名だたる~」という枕詞で、自分たちの魚屋をとらえているのです。

「世界に名だたる魚屋だとしたら、今の行動はどうだろう?」

すごい、魚屋さんですよね。
アイズナーと同じ。
業種業態にかかわらず、誇りをもって仕事にとりくむ姿勢。これほど大切なものはないと思います。