誤解されたエジソン 1%のひらめきと99%の努力とは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

エジソン

エジソンは「天才とは、1%のひらめきと、99%の努力のたまものである」と言ったと言われています。
しかし、この言葉ほど誤解されているものはないようです。
一般的には、「努力すれば成功できる」というようなときに 引用されますね。でも、これは大間違い。

1929年2月11日。エジソンは82才の誕生日に次のような事を言っています。
「最初のひらめきがよくなければ、いくら努力してもダメだ。 ただ、努力だけという人は、エネルギーを無駄にしているだけなのだか、そのことをわかっていない人があまりに多い」

冒頭の言葉、エジソンは「1%のひらめきが大切で、そのために99%の努力がある」という趣旨のことを言いたかったらしいのですが、当時の記者が、新聞にするときに誤訳してしまったというのが、本当のところらしいです。

あなたがもっているユニークなところ、伸ばすべき分野は何でしょうか。
しっかり見極めて、行動を起こすことが必要かも知れません。