S急便のドライバーさん!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

takuhai

十数年前、それまでの物流業者は、荷物を軒先までしか引き取りに来なかった。しかし、S急便のドライバーは10階までも駆け上がってきた。

会社指定の業者よりも使いやすいので、担当者はついS急便を使ってしまう。他の物流会社の宛名を、すでに書いてしまった荷物についても、せっかくだから一緒にお願いしたい。

ふつうなら「申し訳ありません。S急便のものに書き直してくれませんか」とお願いすると思う。しかし、S急便のドライバーは、「大丈夫です。こちらできちんと書き直しますから、一緒にお預かりします」と言う。

 「めんどうだろうに・・・S急便のドライバーはすごい」

でも、そこには、仕組みがあったのだ。S急便では、他者の宛名の荷をもらってくると、ドライバーにボーナスが出る仕組みになっていた。だから、そのままもらってくればいい。

さらに、事務所には、宛名書き専門担当がいて、他社よりもきれいな字で複写する。スゴイ仕組みだ。

S急便のドライバーはすごい。

でも、S急便のドライバーの実情を知って仕組みをつくった人がもっとスゴイ。現場のことをよく知っている人がつくりあげた仕組みが一番結果を出すのだ。