将来必ず大物になる!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

卒業式の日、校長先生がワルの高校生を呼んで、こう言ったそうです。

「今まで先生方は大変な思いをして、お前を扱ってきた。たしかにおまえはワルだ。しかし、永年教師をやってきてわかることがある。お前は、将来必ず大物になる。」

30年後のある会社の創立記念式典。社長のあいさつがはじまりました。

社長講演

「私は、若い頃いろいろ人にご迷惑をかけてきました。しかし、今、こうして3000人の会社のトップになることができました。実は、それは、卒業式の時に言われた言葉が支えになったのです。あのとき、校長先生はこんな僕に対して『将来必ず大物になる』と言ってくれた。その先生が今、後ろに来てくれています」

恩師である校長先生は白髪の校長先生にスポットライトがあたると、会場は、割れんばかりの拍手。式典には、校長先生はじめ、同窓生が呼ばれていました。感動の場面です。

しばらくして、その波がおさまると、来ていた同窓生のあちらこちらでヒソヒソ話が。

「そのセリフ、俺も言われたぞ」

そうなんです。校長先生は、一人ひとりに、あるときは校庭で、あるときは廊下の隅で、みんなにこの話をしていたんですね。
すてきな、校長先生。
やる気を引き出す名人から学べることは、たくさんありそうです。

このお話は、トップセールスマンで講師もつとめられている朝倉千恵子さんからお聞きしました。