千円札のウラ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

いつも見慣れているもの。どれだけ憶えていますか?

【実習】千円札のウラ

●所用時間:3分 ●人数:何人でも ●場所:会議室など

【1】ねらい
いつも見慣れているものでも、意外に再現できない。

【2】準 備
●千円札 1まい ●各自ノートなど

【3】進 行
(1)みなさん、ノートに四角い枠を書いてください(千円札くらいの)
(2)それでは、そこに「千円札」の裏面の図柄を描いてみてください。人物がない方です。
(3)書き上がったところで、隣の人と見せっこして感想を。

【4】ふりかえり・次への展開
●いつも使っていても見ていない。記憶に残らない。それはなぜでしょう。
●人は、用途にあわせて興味のあるところを中心に見ている。奥様のヘアスタイルは。

【5】留意点
●シンプルなだけに、いろいろな展開が考えられます。ぜひ、工夫してください。
●似たようなネタとして「あなたのしている腕時計の文字盤を書いてください」というのがありますが、最近はスマホだけの人がいるので、なかなかやりにくくなりました。

1000satu1000satuura