人生の生産性 与えたものと集めたもの ジェラール・ショドリの言葉

Share on Facebook
Share on LinkedIn

聖職者ジェラールショドリの言葉です。

「人が死んだ後に残るものは、集めたものでなく、与えたものである」

私が、もっとも大切にしている考え方の1つです。

そう、人生の生産性を考えたとき、一生涯の人生で、与えたもの(アウトプット)分子、と、集めたもの(インプット)分母。
この生産性指標が大きくないと、かっこわるい。人生を精算した時点で、世の中に貢献した人として終えたい。
まあ、そのこと自体も、我欲かもしれませんが。