私には夢がある(キング牧師)

Share on Facebook
Share on LinkedIn

黒人リーダー Martin Luther King、jr. 牧師のあまりにも有名な演説。
I have a dream !

この演説のポイントは、I have a dream !であって、I have a plan!でないこと。
つまり、「本当はこうなりたい」というゴール、ビジョンを語っているのであって、それを「どのようにして達成するか」という内容ではない。
話の順番を考えるときに、参考にしたいところです。
それでは・・・日本語訳で、

1963年8月28日「仕事と自由のためのワシントン大行進」のときのものです。

私は同胞達に伝えたい。今日の、そして明日の困難に直面してはいても、私にはなお夢がある。それはアメリカン・ドリームに深く根ざした夢なのだ。つまり将来、この国が立ち上がり、「すべての人間は平等である」というこの国の信条を真実にする日が来るという夢なのだ。

 私には夢がある。ジョージアの赤色の丘の上で、かつての奴隷の子孫とかつての奴隷を所有した者の子孫が同胞として同じテーブルにつく日が来るという夢が。

 私には夢がある。今、差別と抑圧の熱がうずまくミシシッピー州でさえ、自由と正義のオアシスに生まれ変わり得る日が来るという夢が。

 私には夢がある。私の四人の小さい子ども達が、肌の色ではなく内なる人格で評価される国に住める日がいつか来るという夢が。

 私には今夢がある!人種差別主義者や州知事が連邦政府の干渉排除主義を唱え、連邦法の実施を拒否しているアラバマ州にさえ、将来いつか、幼い黒人の子ども達が幼い白人の子ども達と手に手を取って兄弟姉妹となり得る日が来る夢が。

 私には今夢がある!いつの日にかすべての谷は隆起し、丘や山は低地となる。荒地は平らになり、歪んだ地もまっすぐになる日が来ると。「そして神の栄光が現れ、すべての人々が共にその栄光を見るだろう。」

 これが私達の希望なのだ。この信仰をもって私は南部へ戻って行く。

「マーチン・ルーサー・キング・ジュニア ペーパープロジェクト」から抜粋 山ロリンダ・斎藤真由美訳