小学校6年生の作文

Share on Facebook
Share on LinkedIn

ある小学校6年生の作文を紹介します。
「僕の夢は、一流のプロ野球の選手になることです。そのためには、中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるためには練習が必要です」小学生にしては立派な文章ですね。意味もハッキリしています。

 「ぼくは、3才の時から練習をはじめています。3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生のときから今まで、365日中360には、激しい練習をしています。だから、一週間中で友達と遊べる時間は、5,6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ選手になれると思います」努力を自分で認めています。

 「そして、中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そして、その球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円が目標です」具体的でいいですね。

「そして、ぼくが一流の選手になったら、お世話になった人達に招待券を配って応援してもらうのも、一つの夢です。とにかく一番大きな夢は、プロ野球の選手になる事です」優しい。

いかがでしょうか。この文章、だれが書いたかご存じですよね。
そう、イチロー選手です。

物事を達成するには、明確なビジョンが大切ですね。

【活用場面】ビジョン,達成,スポーツ